加圧シャツに大きいサイズはあるの?

一般的な加圧シャツのサイズはM〜Lサイズが多いですよね。
細かなサイズの適応範囲は加圧シャツによって異なりますが、M〜Lサイズだと身長で言えば165cm〜185cmまでをカバーしています。

 

ただこれよりも大きいサイズの加圧シャツを探している方もいるでしょう。
普段XLや2L、LLやそれ以上のシャツを着ている場合ですね。

 

結論から言えば普段着ているシャツがXLやLLぐらいであれば普通の加圧シャツのLでも大丈夫です。
加圧シャツは伸縮性の高いスパンデックスを生地に使用しているのでその伸縮性だけでも十分に着ることができるでしょう。

 

実際に体重が100キロ前後の人でも着ることが可能です。
ただ、身長が185cmを超えている場合は着丈が短くなって裾が捲れてくるので大きいサイズの加圧シャツを購入したほうがいいかもしれません。

 

身長が適応範囲に収まっていれば体重が重くてウエストが太くても大丈夫です。
なので加圧シャツのサイズ表は身長が基準になっていることが多いわけです。

 

それでも大きいサイズの加圧シャツが欲しい方は下記を参考にしてください。


大きいサイズの加圧シャツを選ぶならコレだ!

一概にM〜Lサイズと言ってもメーカーによって実際の大きさは若干違います。
例えば、楽天市場やAmazonで大きいサイズの加圧シャツを探そうとすると、XLやLL、2L、3Lといったサイズの加圧シャツがヒットしますが、実際の適応サイズを見てみると加圧シャツのM〜Lとほぼ変わらないこともあります。

 

訳のわからないメーカーの加圧シャツを購入するぐらいなら、人気のあるメーカーから大きいサイズの加圧シャツを選ぶのがいいでしょう。

 

【参考記事】
メンズ、レディース別おすすめ加圧シャツ比較ランキング

 

上記で紹介している加圧シャツの中でも比較的大きいサイズでも着用可能なのが、「金剛筋シャツ」と「ビダンザビースト」の2つです。

 

【参考記事】
金剛筋シャツは楽天やAmazonではなく公式サイトでの購入がお得!
ビダンザビーストのお得な購入先は公式通販サイト

 

身長の適応サイズは二つとも他の加圧シャツと同じですが、胸囲の適応サイズは他の加圧シャツよりも若干大きく設計されています。

 

この二つのシャツの特徴としては伸縮性の高いスパンデックス素材を他の加圧シャツよりも多く配合しているので他の加圧シャツと比較しても伸縮性が高くなっています。

 

なので大きいサイズの加圧シャツを探している方にオススメです。

 

身長が185cm以上となると上記で紹介したランキングには入っていませんが、身長190cm、体重120kgまで対応している「阿修羅圧」もいいかもしれません。ただスパンデックスの配合割合は金剛筋シャツやビダンザビーストのほうが高いのでサイズは大きいけど身長が185cm〜190cmの方へのおすすめの加圧シャツとなります。

関連ページ

HMBサプリとはどんな成分が配合されていて筋肉にどういいのか?
筋トレをしている人に愛用されているHMBとは何か?どんな成分が配合されていて筋肉にどんな効果をもたらすのか調べてみました。
加圧シャツはどこで買う?ユニクロやドンキホーテ、しまむらで安く購入できる?
引き締め効果や体幹トレーニング効果のある加圧シャツはユニクロやしまむらといったコスパの高い衣料品店やドンキホーテのようなディスカウントストアで購入することはできるのでしょうか?
加圧シャツはいつ着る?寝る時も24時間着ても大丈夫なの?
加圧シャツをいつ着るべきなのか?着用時間が気になる人も多いと思います。寝る時も加圧シャツを着てほぼ24時間着ているとどんな効果やデメリットがあるのでしょうか?
化学繊維アレルギーかも!加圧シャツを着てかゆみやかぶれが出たら要注意!
加圧シャツの口コミを見ていると、加圧シャツを着ている時にかゆみやかぶれ、あせもができるといった肌トラブルを抱えてしまう人も多いようです。もしかしたら化学繊維アレルギーの可能性もあるので注意が必要です。