HMBとは

MENU

HMBとは?

HMBという成分を知っているでしょうか?

 

加圧シャツの中でもバルクアップアーマープロは加圧シャツと購入することでお得になるHMBサプリのセット販売がされていますが、HMBは2010年から日本でも販売されているサプリメントに配合されている成分で、本場アメリカではたくさんの実験や研究によって効果が確認されており、主にボディビルを行う人のためのサプリメントとして注目されています。

 

そもそもHMBとは3-ヒドロキシイソ吉草酸のことを言います。
と言ってもピンと来る人はほとんどいないでしょう。(笑)

 

少し長くなりますが、3-ヒドロキシイソ吉草酸はタンパク質の合成に利用されるアミノ酸の中でも人間の体内では合成できない(食事から摂るしかない)必須アミノ酸の一つであるロイシンの代謝中間体の一つです。つまり、ロイシンを代謝すると3-ヒドロキシイソ吉草酸が生じます。

 

ちなみに必須アミノ酸は全部で9種類あります。
1996年に3-ヒドロキシイソ吉草酸の効能が発見された比較的新しい物質で、筋肉量の増大や筋肉量の減少を抑制を目的とされた研究やサプリメントに使われるようになりました。

 

3-ヒドロキシイソ吉草酸がサプリメントに配合されると成分表記が「β-Hydroxy β-MethylButyrate」と表記されることからHMBと呼ばれているわけです。


HMBは筋肉にとってどんな効果があるの?

HMBは先程も紹介したように筋肉増強効果や筋肉減少抑制効果が期待できる成分です。
さらに具体的に言えば、研究によって明らかになっている効果としては
たんぱく質の合成促進」「たんぱくの分解抑制」「筋鞘の安定化」の3つです。

 

 

筋肉増強と聞くとボディービルダーのための成分と思われるかもしれませんが、HMBは筋肉が減少したお年寄りの筋肉量の増加や病気によって体重が減少してしまう患者さんの体重の減少を抑制することはできないか?といった目的の研究も行われています。

 

 

つまり、筋肉にとって増強させたい・減少を抑制したい方に効果が期待できる成分なのです。
筋肉増強と聞くと怪しいイメージがあるかもしれませんが、極めて真っ当な成分です。
HMBの効果を得るためには1日の必要摂取量を守らなければいけません。

 

HMBの1日の必要摂取量は約3gと言われています。
HMBやその元となる必須アミノ酸のロイシンは食事からも摂取することはできますが、1日の必要摂取量を食事から摂りつづけることは現実的に考えると不可能と言えます。

 

HMBやロイシンを含む肉・大豆・野菜などを意識的に摂取したとしても摂取できるHMBの量は1g以下になると言われています。

 

なので、HMBに限って言えばサプリメントで摂取することが現在では主流となっています。
加圧シャツを着て、さらなる筋力アップを目指したい方はHMBサプリも一緒に取り入れてみるといいかもしれませんね。

 

ダイエット目的で加圧シャツを購入する人にはあまり関係のない成分ではあります。

関連ページ

加圧シャツはどこで買う?ユニクロやドンキホーテ、しまむらで安く購入できる?
引き締め効果や体幹トレーニング効果のある加圧シャツはユニクロやしまむらといったコスパの高い衣料品店やドンキホーテのようなディスカウントストアで購入することはできるのでしょうか?